バタフライピーとは?

”美を作るハーブティー”

東南アジアで美容に重用されてきたマメ科の植物です。 年間を通して咲くその青い花が蝶の形に似ていることから、 「バタフライピー」と呼ばれ、和名を「蝶豆(チョウマメ)」といいます。 バタフライピーには、眼精疲労、アンチエイジング、美白などの効果が期待できる、「アントシアニン」が豊富に含まれています。
アントシアニンは抗酸化物質であるポリフェノールの一種で、
・眼精疲労
・アンチエイジング
・美白
・美肌
・白髪
・抜け毛対策
・ヘアケアなどの効果が期待できます。
その花弁から抽出されるハーブティーは神秘的な青色をしており、またレモンなどの酸性と混ざることで瞬時に色を赤く変えます。 バタフライピーは、 毎朝のティータイムに、蒼の美しさを添えます。